台湾での梶原一騎さんの、お嬢さんの事件

トータル:1885HIT
  • 1名無しさん
    2020/07/17(金) 13:59:13 ID:R16V59c20

    白 暁燕(白 曉燕、パイ・シャオエン)
    プロフィール
    出生:
    1980年6月23日
    死去:
    1997年4月18日/4月19日
    人気歌手、女優の白冰冰の一人娘として、日本の漫画原作者の梶原一騎との間に台湾で生まれた(異母兄弟が5人いるため、厳密には一人っ子ではない)。冰冰は暁燕が生まれる前に梶原と別居し、帰国したため、暁燕は冰冰の元で育てられた。成長するにしたがって、有名人である母親とともにテレビ出演する機会も増えた。1997年4月14日に誘拐され、その後、無残な虐待の末惨殺された。
    白曉燕事件
    場所
    台湾台北市
    日付
    1997年4月14日-4月28日
    事件 編集
    1997年4月14日、私立醒吾高級中学(zh)2年に在学中の暁燕は、通学途中に誘拐された。犯人グループは500万ドルの身代金を要求した。冰冰はなんとか身代金全額は揃えた。しかし身代金受け渡しの失敗により、犯人グループは暁燕を殺害し遺体を遺棄した。

    実行犯の陳進興と林春生が通学途中の暁燕を拉致し、高天民が運転する車に乗り込んだ。そして予め五股西雲路に借りていた部屋に運んだ。犯人らは鼻だけ出した状態で黄色のゴムバンドを暁燕の頭部に巻きつけて、顔が見られないようにした。さらに縄で縛った状態で左胸を露出させて写真を撮り、林春生が暁燕の小指を切断した。暁燕が痛みで泣いて騒いだため、3人は殴ったり蹴ったり暴行を加えた。その夜は犯人3人ともそれぞれに家へ帰った。

    犯人グループから冰冰に娘を誘拐したとの連絡があり、その証拠として指定された場所に行くことを指示。冰冰は指定された亀山郷の霊園管理室そばに置いてあった写真3枚と切断された小指、身代金等を記載した紙を発見して事実と判明した。誘拐の通報を受けた警察は、すぐさま「0414特別案件」として署内チームを結成。身代金受け渡し時に逮捕出来るように準備を開始した。

    4月18日と19日の交渉で取引場所を台北市、台北県(現在の新北市)、桃園県と決めるも犯人らは現れなかった。警察は曉燕しか解らない数点の質問を行って安否を確認した。

    4月23日、再び犯人からの電報により新竹市で現金の受け渡しを行うと連絡があったが、今回も現れなかった。なお、この時点までに曉燕は強姦など性暴力[要出典]を含む激しい暴行を受けて殺害されていた。取引が行なえなかった理由の一つとしてマスコミの行動に問題があったとして非難が集中した。

    捜査 編集
    4月25日に警察が犯人グループのアジトをつきとめて急襲、4人が逮捕されたが、3人の主犯格(林春生・高天民・陳進興)を捕り逃がした。

    曉燕がまだ生きている可能性を考え、4月26日・27日には冰冰や犯人の身内らをテレビに出演させ、人質返還や自首を訴える。この時も各メディアが過剰反応し、報道局の車が冰冰の自宅玄関を破壊するという事態まで起きた。

    4月28日、暁燕の死体が台北県泰山郷(現在の新北市泰山区)で発見された。発見した人物は、最初は豚の死骸と思った[要出典]という。検死の結果、死後8~10日程経過していて直接の死因は頭部腹部の殴打による出血多量及び内臓破裂。首に巻かれたナイロンコードに締められた痕はあるがその時はすでに絶命していた。また遺体解剖では腹部内に500ccの内出血が確認され、切断された小指には指の根元に細い針金で止血されていた。


    0 0
  • レスはまだありません
レスを投稿する
名前
削除パスワード
添付



※無修正画像及び児童ポルノを投稿された方は通報します
※出会い目的の利用、LINEやカカオ等メッセージアプリID、メールアドレスなどの書き込みは禁止です
本文

人気の記事