昭和の懐古アニメ

トータル:134HIT
  • 1アニメ好きの名無しさん
    2020/07/31(金) 14:10:07 ID:DuEDIHXM0

    『円卓の騎士物語 燃えろアーサー』(えんたくのきしものがたり もえろアーサー)
    円卓の騎士物語 燃えろアーサー
     ログレス七王国の国王ユーゼルとラビックはともにログレス統一を目指していたが、その目的は異なっており、そのことでラビックは不満を抱いていた。そんなある夜、ラビックの元を魔女メデッサが訪れ、魔力で取り寄せたバン王の剣を使ってユーゼルとその子アーサーを殺害し、その罪をバン王になすりつけるよう唆した。ラビックは言われるままに黒騎士団とともにキャメロット城を襲い、ユーゼルと王妃イグレインを殺害したが、アーサーは予言者マーリンによって助け出され、元騎士エクターの元に預けられた。12年後、アーサーは聖なる剣を引き抜いたことで王子としてキャメロット城に戻る。そして宿敵ラビックとの戦いに身を投じていくことになる。

    燃えろアーサー 白馬の王子
     ログレス七王国に平和はもたらされたが、海の向こうではザイキングによって人々が苦しめられていた。それを知ったアーサー王子はザイキングを退治することを決意する。だが力を貸してくれるはずのグック船長はザイキングによって殺害されていた。その場に居合わせたボスマンとピートは、グック船長の残した宝を探す旅に出ることにする。アーサーは身分を隠してボスマンたちと手を組み、時に白馬の王子となって敵と戦いながら旅を続けていくことにする。
    0 0
1-2件/全2件
レスを投稿する
名前
削除パスワード
添付



※無修正画像及び児童ポルノを投稿された方は通報します
※出会い目的の利用、LINEやカカオ等メッセージアプリID、メールアドレスなどの書き込みは禁止です
本文

人気の記事

人気まとめ一覧