• 42ドラ
    2018/03/13(火) 13:41:25 ID:.iAQMtXs0
    昆虫型甲殻怪獣インセクタス
    ウルトラマンメビウス(2006)第14話『ひとつの道』
    身長:45m
    体重:4万t(雄)、3万9千t(雌)

    昆虫に似た怪獣でクワガタムシの顎に似た形状の角を持つ。
    雄と雌の2体が確認され角の大きい方が雄、小さい方が雌。
    顎を震わせ高周波を発生させ昆虫の群れを操りメビウスも苦しめられる。
    腹部に中枢神経が通り弱点。
    雌はウインダムに倒され飛散した体液から雌が産み残した雄の1体が幼生ノープリウス状態でトリヤマ補佐官の体内に潜り込みテッペイの母親に乗り移りテッペイの父親が勤務する病院に侵入。患者たちの体内を転々としながら成長を繰り返し成体。
    昆虫を操る能力と角から放つ電撃でメビウスやGUYSと戦うがメビュームシュートを受け倒される。
    第21話で怪獣墓場を雄雌で漂う姿が描かれる

人気の記事

人気まとめ一覧