• 49ドラ
    2018/03/13(火) 13:48:08 ID:.iAQMtXs0
    宇宙量子怪獣ディガルーグ
    ウルトラマンメビウス(2006) 第19話『孤高のスタンドプレイヤー』
    身長:54m
    体重:3万t

    GUYSスペーシーの要撃衛星を突破し日本に降下。
    武器は口から吐く火炎弾と頭部の角から発射する強力な電撃。格闘戦に長け両腕の巨大な爪を使って攻撃。宇宙空間で火の玉のようなエネルギー波の状態で飛行。
    3体が姿を現し都市部に降下し町を破壊。目視で3体に見えセンサーで1体しか確認されずセンサーも本物の1体を正確に捕捉できずセンサー頼りに攻撃しても虚像をすり抜ける。
    怪獣は「1体が本物で残り2体は虚像」でなく3体で1つの実体を持ちどのディガルーグも3分の1ずつ本物という確率論的な存在。
    怪獣を倒すには3体を全く同時に攻撃する必要がある。見極めと同時攻撃は至難の技であるが並外れた空間認知能力を持つジョージが秘密を見極め新兵器メテオールショットで3体を同時に攻撃。攻撃を受けたディガルーグは波動関数を1体に収束され実体化し3体分の力を集めた強力な1体となってジョージとメビウスを苦しめメビウスブレイブのメビュームナイトブレード・スピンブレードアタックで切り刻まれ爆発

人気の記事

人気まとめ一覧